リバウンド防止策

ダイエット前に一日の食事量や運動量を急激に戻すことによって基本的に起こってくるのがリバウンドです。
実際にダイエットをしている時から、きるだけ継続できるダイエットをダイエット後の食事や運動をイメージしで実践することが大切です。
体に必要な栄養を補給できる食事を心がけ、極端な食事制限や食べすぎはダイエット中もダイエット後もやめたほうが良いでしょう。
揚げ物や甘いものの食べすぎや、油脂や乳脂肪分の多い食事が引き起こすのが、リバウンドです。
もっとリバウンドを防止するために重要なのは、筋肉量を増やし、基礎代謝を高く保つことです。
体の筋肉量を、適度な運動と、良質のたんぱく質の摂取でキープしましょう。
筋肉量を維持するのにおすすめなのは、継続的な筋トレです。
リバウンドがしやすい時期があるのが、ダイエット中です。
逆に要注意なのが、いくら食べてもお腹が空かない、いくら食べても体重が増えない、一見そう見える時期だそうです。
ダイエットの手を油断して緩めていると、リバウンドが後で一気に来る場合があるといいます。
一見この時期はダイエットがうまくいっているように見えるので、かなりの衝撃がリバウンドしてしまった時にはあるかもしれません。